小林千春が考える、3秒で伝わるブランディングデザインを発信するWordPressブログの作り方・設定、SNSの使い方などご紹介します。個人事業主、中小企業の方の集客に役立つアイデアもお伝えします。

淡くてかわいい色30選!コピペで簡単にホームページやブログ記事で使える

WRITER
 
淡くてかわいい色
この記事を書いている人 - WRITER -

web集客コンサルタント/デザイナー/色集客アドバイザー/セミナー講師/国が全国に設置する「よろず支援拠点 静岡」 コーディネーター(相談員)

ホームページ・ブログ・インスタ・SNS活用・SEOなどを活用し、想いやコンセプトを表現し自分ブランド作りが得意。

詳しいプロフィールはこちら

かわいい雰囲気のホームページ・ブログにしたいな

あなたも、そんな風に思ったことはありませんか?

ホームページやブログをかわいい雰囲気にしたいと思った時、かわいいデザインを入れるなど、様々な方法がありますが、デザインして作ったりってハードルが高いですよね。

でも、手軽に取り入れられる方法があります!

かわいい雰囲気をホームページやブログで出せる方法は、色がポイント!!

ご質問
ブログを書いてるんですけど、はっきりした色じゃなくて、淡くて、もっとかわいい色を使いたい!

ブログも可愛くなると思うし、自分のサービスの雰囲気にも合ってくる。

それに、自分のブログを書いていくモチベーションもあがって、今より楽しく書けそうなんですよね。

淡い色をブログで使えますか?

確かに、自分のお仕事に合った色を使うとモチベーション上がりますよね!

ブログ記事で淡い色を使った例とコピペで使える、淡くてかわいい色をご紹介します。

ブログ記事で淡い色を使った例

文章の一部の文字に淡い色をつける

見本になります。淡い色の文章です。

見本になります。淡い色の文章です。

読めるかな?見にくい感じです。

淡い色を文字に使う時は、要検討!

文字の背景に色をつける

見本になります。淡い色を文章の背景に入れています。

見本になります。淡い色を文章の背景に入れています。

見本になります。淡い色を文章の背景に入れています。

見本になります。淡い色を文章の背景に入れています。

見出しの色を変えてみる

濃い色の見出しと淡い色の見出しだとイメージも変わりますね。

例)濃い色の見出し

濃い色の見出し

例)淡い色の見出し

見出しの色を淡い色に変える

コピペで使える、淡くてかわいい色!30選

淡くてかわいい色を30選びました。

■●▲は色見本

■●▲の後の【#と6桁の数字】がカラーコードです。カラーコードをコピペすると使えます。

■●▲ #F0E3E3

■●▲ #FCECEA

■●▲ #F7C9CE

■●▲ #FFD6CC

■●▲ #F9CDAD

■●▲ #FFF4E0

■●▲ #FFEAB4

■●▲ #FFEEA9

■●▲ #EBE5D1

■●▲ #EDF9D7

■●▲ #D6FADA

■●▲ #E5F3F1

■●▲ #D3ECE8

■●▲ #B0DCD5

■●▲ #9DDCDC

■●▲ #B0D7D5

■●▲ #EEF9FF

■●▲ #D7E6EF

■●▲ #B2E2EC

■●▲ #DDF1F6

■●▲ #A1D8E6

■●▲ #F5EFFF

■●▲ #F2DDEB

■●▲ #E2E5FE

■●▲ #EBDFE5

■●▲ #D8BFCB

■●▲ #FBE9D6

■●▲ #F6E5D7

■●▲ #ECD6CA

■●▲ #D7BFAF

まとめ

淡くてかわいい色30選!コピペで簡単にホームページやブログ記事で使える色をご紹介しました。

私は色が好きなので、いろんな色を見てると、楽しい。

色の種類もたくさんあるので、「明るくてかわいい色」とかも他のパターンもご紹介したいな、と思いました。

起業当初、お客様0からブログ集客で5年継続!

個人事業主なら、ネット集客が必須の時代!SNSやブログをやって当たり前。そして、同業種の方もたくさんやっている。ネット集客がどんどん加速していく中。

お客様ゼロ、営業苦手な千春が5年継続してきたコツと苦労などをメルマガでお届けします

無料プレゼント!

神アプリでサクッと3分インスタ投稿!今すぐ使える便利技5選

インスタ集客がメルマガのセミナー形式で学べる

〜受け取り方法〜
千春のLINE@登録で、無料プレゼント
友だち追加

または『 @chiharu3 』でID検索

この記事を書いている人 - WRITER -

web集客コンサルタント/デザイナー/色集客アドバイザー/セミナー講師/国が全国に設置する「よろず支援拠点 静岡」 コーディネーター(相談員)

ホームページ・ブログ・インスタ・SNS活用・SEOなどを活用し、想いやコンセプトを表現し自分ブランド作りが得意。

詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 千春のブログ , 2019 All Rights Reserved.